名古屋市千種区のスポーツジム パーソナルトレーニング BC PROJECT

お問合せ

お電話でのお問い合わせ

営業時間9:00〜20:00(土・日は〜18:00まで)

052-761-4411

スタッフブログ

2016.02.20.sat

夜遅くにご飯を食べると太る理由【ダイエットコラム vol.8】

IMG_0144

今や夜遅い時間帯に食べることが太りやすいことは、ダイエットをする上で常識となっています。その理由として、夜は昼間に比べて活動性が低下するため、摂取したエネルギーを消費することができないことが上げられます。
しかし、夜遅く食べることが肥満に繋がりやすいと言われる理由は他にもあります。

夜は食事誘発性熱産生が少ない

ヒトは食事を摂取することでエネルギーを「摂取」しますが、それと同時に食事を摂取することでエネルギーの「消費」も起こっています。このことを「食事誘発性熱産生(DIT)」といいます。
これは、食事に伴う消化吸収活動にもエネルギーが必要になるからです。食事を食べることで身体が温まる感覚を覚えた経験があるかと思いますが、これはこのDITによる熱産生作用によるものです。
このDITは朝が最も高く、夜になると熱産生率が低下することが知られています。そのため、夜遅くに食べる食事はDITの観点から見ると太りやすいと考えられます。

夜はBMAL1遺伝子が増加する

BMAL1は、簡単にいうと脂肪組織においては脂質を溜め込むようはたらき、肝臓や筋組織においては脂肪酸の利用を抑制するようにはたらきます。すなわち、BMAL1遺伝子の発現が高い状態は、体脂肪が蓄積しやすい状態であると言えます。このBMAL1は生体リズムと密接な関係を持ち、その遺伝子発現量は昼間に少なく、夜になると増えることが知られています。
このことは、夜遅く食べると太りやすいことを裏付ける機序の一つであることを示唆しています。

他にも様々な視点からこの機序について研究が行われていますが、少なくとも夜遅い時間の食事はダイエット時においてマイナスにはたらくことはあってもプラスにはたらくことはなさそうです。

食事摂取のタイミングを意識した食生活を身につけ、効率的なダイエットに取り組んでいきましょう。

Tag/ スポーツ栄養コラム

facebook hatena google pocket
back

関連する記事

INFORMATION

ジュニアアカデミー第三期生追加募集のお知らせ

2017.10.21.sat

ジュニアアカデミー第三期生追加募集のお知らせ

(中日ドラゴンズ山井大介投手と第一期生のみんな) (横浜DeNAベイスターズ関根大気選手と第一期生のみんな) 「BCジュニアアカデミー」を引き続き、2017年11月より第三期の別枠として開講する運びとなりましたので、生徒 […]

Facebook

facebook