名古屋市千種区のスポーツジム パーソナルトレーニング BC PROJECT

お問合せ

お電話でのお問い合わせ

営業時間9:00〜20:00(土・日は〜18:00まで)

052-761-4411

スタッフブログ

2016.04.15.fri

ビタミンB1の栄養状態がスポーツの勝敗を分ける!?【スポーツ栄養コラム vol.10】

ビタミンBのはたらき

糖質・脂質・たんぱく質は「三大栄養素」と呼ばれ、これらは生体内で代謝されることでエネルギーに変換されて利用されます。

その際、これらの三大栄養素は様々な酵素の作用を受けることで代謝されてエネルギーに変換されるのですが、その酵素の補酵素としての役割を担っているビタミンの1つに「ビタミンB」があります。

ビタミンBは3つの酵素の補酵素としてはたらいています。
①ピルビン酸デヒドロゲナーゼ(PDH)
②トランスケトラーゼ
③分岐鎖αケト酸デヒドロゲナーゼ

これらの酵素が適切にはたらくということは、エネルギーを滞りなく供給するためにとても大切です。

 ビタミンBの不足は競技中の「バテ」に影響する

糖質代謝をコントロールしているPDHのはたらきはスポーツ選手にとって重要です。

ビタミンBの摂取が不十分だとPDHのはたらきが低下し、糖質がエネルギーに上手く変換されず、筋活動へのエネルギー供給力が低下します。すなわち、ビタミンBの栄養状態の低下は競技中のバテに影響します。

陸上競技のラストスパート、球技スポーツでのカウンター攻撃など、どんな競技種目でも試合の中で勝負を分ける「頑張る局面」というのが必ず存在します。このような急激に強度が高くなる「頑張る局面」では糖質がエネルギー源として利用される割合が高くなるので、ビタミンBの栄養状態が勝負を分けると言っても過言ではありません。
ビタミンB豊富な食材を積極的に食べることで栄養状態を良好に保ち、頑張る局面で負けない身体をつくっていきましょう。

Tag/ スポーツ栄養コラム

facebook hatena google pocket
back

INFORMATION

3月11日セミナーお申込ページ

2018.01.22.mon

3月11日セミナーお申込ページ

セミナータイトル 「成長期のスポーツ障害、栄養について考える」 会場 今池ガスビル7F ダイアモンドルーム 〒464-0850 名古屋市千種区今池1-8-8 052-731-7670 料金 医療従事者、運動指導者など身体 […]

Facebook

facebook